IMG_2708_s

70年代からクラフツマンとして、カリフォルニアで、ハワイで、ハンドクラフトにこだわってきたスティーブ・モーガン

「コンペティションのためではなく、普通の生活の中で、最高に楽しい時間を与えてくれる、そんなサーフィンのためのボード。
一般のサーファーのためにそういうボードを提供したい。」

一人一人に合わせて、最高のボードを削り出す。まさに、オルタナティブの真骨頂。

1台1台フルカスタムでオーダー可能。

当然カラーもフルカスタム。

ラミネーションはスティーブの信頼厚い若手ジェフ・マリー。

カラーレジン、ボランパッチ、ピンラインなどあらゆるリクエストに応えられる。

スティーブの豊富な経験から得たWISDOM(智慧)がカリフォルニア、ハワイとつながり、いま、日本へとLINEがつながります。

IMG_5735_s

IMG_5718_s

IMG_5716_s

IMG_5712_s

 

スティーブ・モーガン

14歳のとき、サンディエゴの自宅でシェイプをスタート。17歳の若さで自分のサーフショップを持つ。20歳までショップを続けたあと、ディック・ブリューワーやゲーリー・リンデンとともにボードを作る。伝説の職人ビル・キャスターに出会い、大きく影響を受けた。80年代、ディック・ブリューワーに誘われ、ハワイ・カウアイ島へ。都会の喧噪からはなれ、波と空しかない中で、シェイプ&ライドを繰り返し、ボードづくりに専心する。同じ時代にサーフビジネスをはじめていたHawaiian Island Creationsに請われ、オアフ島でもシェイプをスタート。オールドスクールの心を捉えて放さないクラフトマンシップ溢れるボードづくりは21世紀も変らない。

 

ジョシュ・マリー

スティーブの信頼する若きラミネーター。スティーブと同じく、メインランドで修行を積み、数年前ハワイに移り住んで研鑽を積む。リズミカルで無駄のないラミネートの動きは、美しい。

IMG_6886_s

IMG_6917_s

IMG_2811